NIKE SOLO SLIDE QS “USA”

      2017/04/05

ナイキソロスライドQS USA 全体像

とにかくド派手な一足

スニーカー紹介、第10回目はNIKE SOLO SLIDE QS “USA”。

キャプテンアメリカ的な一足。
こちらは、2014年のFIBA BASKETBALL WORLD CUPを記念した一足になります。

ネットで始めて見たとき、スニーカーの容姿を無視したデザインに、かっこいい〜と一目惚れしましたが、実用面を考えると、履く?履かない?と色々考えた末、結局履かないという結論になりました。
欲しくなっても、これは在庫が残りセールになるだろうという考えでいましたが、あれよあれよと言う間に市場からなくなり結局、購入せず…

その後色々と探していたところ、自分が納得いく価格に見合うものに出会え、無事ゲットとなりました。

AIR SOLO FLIGHT 1のサンダルバージョン

このスニーカーは、2000年に発売されたAIR SOLO FLIGHT 1をサンダルバージョンにアレンジしたものになります。
ソロフライト1の名前にピンとこない方は、同時期に発売された、AIR FLIGHTPOSITEの安価版と言ったら分かるかもしれません。
あ〜、あれね!と気付いた方は、かなりのスニーカーファンです(笑

ナイキソロスライドQS USA 全体像

その他にAIR FLIGHTPOSITEのサンダルバージョンのCLOGPOSITE、さらにSLIDE POSITE2という形状の似たモデルも存在し、ややこしいです(笑

スニーカー構造を無視した大胆な星条旗デザイン

見た目からも分かりますが、このスニーカーの特長は、何と言っても大胆な星条旗プリント!!
フォルムは流線型で、先進的なデザインをしているのですが、その良さを隠してしまうぐらいに、USAが主張しています。

ナイキソロスライドQS USA 正面

横から見ると赤と白のストライプが一直線に横断しているのが分かります。全体的に丸みを帯びてコロッとしているため、とても愛嬌のあるフォルムになっています。

ナイキソロスライドQS USA アウトサイド

内側はアウトサイドに比べ縦目にラインが入っており、ポジットのうねりを無視してプリントしています。思うがままに、赤と白のラインをのせました!という印象です。

ナイキソロスライドQS USA インサイド

ベンチレーション部分なんて、笑っちゃうぐらいに、赤のラインが斜めに縦断してます!
この大胆さがNIKEらしくて好きです。

ナイキソロスライドQS USA 赤のラインが斜めに横断

アッパー中央部の星が大きいため、赤白のラインに負けないぐらいUSAを主張しています。
星が小さく散りばめられていたら、ここまでド派手なスニーカーにはなっていなかったと思います。

ナイキソロスライドQS USA 上部

素材にはAIR JORDAN7のインナーブーツシステムと同じ、伸縮性のあるものを使用しているため、非常に柔らかく足あたりがソフトです。

ナイキソロスライドQS USA 伸縮素材

裏側もしっかり星がプリントされています。
ここだけ見たらウルトラマンみたいですね。

ナイキソロスライドQS USA 後方

アウトサイドには紺で刺繍されたスウッシュとエンボスされたスウッシュがあります。見落としがちなところですが、あえて目立たせないように、でもブランドは出したいという絶妙なバランスが良いです。

ナイキソロスライドQS USA スウッシュ

ソールはアッパーの星条旗柄を邪魔しないように、クリアソールを使用しているため、全体のカラーバランスがとれています。
ただ素材的に滑りやすいというのが難点です。

ナイキソロスライドQS USA アウトソール

親指付近の赤のサークル内には、小さなスウッシュが隠れており、単調になりがちなクリアソールにちょっとしたアクセントを加えてデザイン性を高めています。

ナイキソロスライドQS USA アウトソールスウッシュ

シャンク部分も赤。
塩化ビニールのような素材で、本当に捻り防止効果あるのかなーと疑いたくなる感じです。
AIR JORDAN12のようなカーボンシャンクとは程遠い作りで安っぽいです。

ナイキソロスライドQS USA シャンク

本来インソールにはスウッシュとAIRがプリントされていますが、剥げてしまいました…
サンダルなのでホールド感が弱く、どうしてもインソールと足が擦れてしまうので、これは止むを得ない。

ナイキソロスライドQS USA インソール

サイドからヒールにかけてAIR JORDAN5のように波打っているのが分かります。
このモデルの構造上、ヒール補強は必要ないため、ここはデザインを優先したところでしょう。

ナイキソロスライドQS USA ソール周り

サンダルだけど秋・冬に履いた方がいい?

アッパーにはポリウレタン素材を使用し、ベンチレーションも内側メッシュのみとなっているため、サンダルにしては通気性はイマイチ。夏場だとつま先が結構蒸れた感じがします。
サンダルだけど、秋・冬に履いた方がいいんじゃない?って思います。

ナイキソロスライドQS USA 外観

ホールド性はイマイチ

屈曲性がほぼなく、土踏まずあたりの幅が狭くなっておりここで足を支えます。唯一のホールド箇所がここのみなので、ホールド性はイマイチです。すっぽ抜けるということはありませんが、スニーカーに履き慣れている方は少し不安に感じるかもしれません。あとは厚手のソックスを履いて、ホールド性を高める方法もあります。
足の形にもよりますが、サイズはマイサイズでよいかと思います。

履くタイミングはリラックスして出かける時

アッパーのポリウレタン素材は子供達に踏まれても汚れが落ちやすいのでGOOD!
ただ、中央部の星部分は、色が白く汚れが残るため、踏まれないように気をつけています。
ホールド感はイマイチなので、思いっきり遊ぶ時には履かない方が無難です。リラックスして出かける際に履くのが良いと思います。
ただド派手なデザインなので、外出時は人々の視線を集めるのは間違いありません!
着用時には、これに耐えられる強靭な心が必要になりますので、ご注意ください(笑

ナイキソロスライドQS USA 全体像

以上、NIKE SOLO SLIDE QS “USA”のご紹介でした。
また次回をお楽しみに~。

 - スニーカー, マイスニーカー ,