AIR JORDAN12 RETRO ‘FUL GAME’

      2017/04/05

エアジョーダン12 フルゲーム 7時振り

フルゲームと名付けられたJORDAN12

スニーカー紹介、第4回目はAIR JORDAN 12 RETRO  ‘FUL GAME’。

1997年のNBAファイナルでインフルエンザ(一時食中毒の噂あり)でドクターストップが掛かるなか強行出場し、苦しみながらも40分程度プレーし、38得点と活躍。見事シカゴブルズを勝利に導いた時に着用していたカラー。

このフルゲームの由来ですが、体調不良の原因がインフルエンザと言われたため、インフルエンザの「フル」からフルゲームと名付けられたそうです。

当時リアルタイムで見ていた私は、顔面蒼白で明らかに体調が悪い状態なのに、次々とシュートを決めるMJに神懸かり的なものを感じました。
試合中ピッペンに支えられながら、フロアコートを去るジョーダンの姿が印象的で、今でも目に焼き付いています。

噂でユタジャズのファンが、敵地のホテルでジョーダンに出したピザに毒を盛ったなんて話も出るほどでした。

エアジョーダン12 フルゲーム サイド

エアジョーダン12 フルゲーム サイド

エアジョーダン12 フルゲーム アウトソール

エアジョーダン12 フルゲーム 上部

エアジョーダン12 フルゲーム 後ろ

エアジョーダン12 フルゲーム サイド

当時は人気がなかった

今はスニーカーブーム再燃もあり、JORDANと言えばある程度の売り上げが見込めますが、2009年あたりは人気のないモデルは売れないし、年末になればセールになるという感じで、スニーカー好きにはなかなか買いやすい時代でした。

JORDAN12もシリアスプレイヤーには支持されていましたが、街で履いてる人はあまり見かけず、どちらかというと人気のないモデルでした。

エアジョーダン12 フルゲーム イメージ

ギャラリー2さんの、年末セールで9,999円とか10,000円を切る価格で売られてましたからね。

その時一度は手に取りましたが、やはりいらないとなりスルー。結局数年後にその価格より高い値段で購入することになり。あの時買っておけばと、すごく後悔しました。

復刻回数は人気がある証拠?

発売されたのが2009年と結構前なんですよね。
オリジナルが1997年。2003年に初の復刻。そして2009年にフルゲーム。さらに今年再復刻と何回か再販されていますが、それだけ人気があるっていう証拠?本当か?

まぁ、海外での人気が高いから、復刻回数が多いんでしょうね。

履き心地は最高?

実際履いてプレーすると分かりますが、フルレングスズームエアの反発力と足首ガッチリのホールド感は素晴らしいの一言。
ソールにあるカーボンシャンクもバッチリ捻りを防ぎます。

エアジョーダン12 フルゲーム カーボンシャンク

オリジナルが発売された当時、今までに感じた事のない反発力に「なんじゃ、こりゃー!」
紐を締めすぎるとシューレーストップの金具が当たり、「食い込んで、痛え〜」となったのを覚えています(笑
ですので、紐は金具トップまで結ばず一個下げたところで止めておいた方がよいかと思います。

エアジョーダン12 フルゲーム シューレースホール

履き心地については、ほぼ屈曲性がないので街履きには向いていません。さらにメッシュやパンチング穴ゼロのため通気性は非常に悪い。夏履いたら地獄!履くなら秋口から冬がオススメです。
なので、利用用途により履きやすさが大きく左右されるモデルだと思います。

見た目のインパクトでは主張するものがあり、個人的には好きなモデルですなのですが、私の場合街履きなので…

グラフィックと数字がこのモデルの肝

ノックアウトのグラフィック。「97」「38」の数字がこのモデルの特長です。「97」は97年のNBAファイナルを表現し、「38」は体調が悪い試合で38得点を上げたことを表現しています。

本来タン部分にある「TWO 3」の代わりに、グラフィックと数字が刺繍されています。

エアジョーダン12 フルゲーム 9738

ヒールには、他のモデルには見られないフルゲームロゴを配置。
黒地に黒のロゴであまり目立たせず、ひっそりとプリントしているのが印象的です。

エアジョーダン12 フルゲーム ヒール 9738

このグラフィックや数字がなかったら、このスニーカーもここまで評価されていないでしょう。
発売当時は「ダサっ!」「何でこんなイラスト入れたんだ?」って思っていましたが、今ではブランディングのうまさと物珍しさにヤラレ、溺愛しています。

エアジョーダン12 フルゲーム グラフィック

オリジナルにはない仕様で一線を引く

オリジナルや他の復刻と大きく違う点は、まだまだあります。

アッパーがフルレングスレザーからヌバック。

エアジョーダン12 フルゲーム ヌバックアッパー

シュータン裏の色が黒から赤

エアジョーダン12 フルゲーム タン裏

ヒールのナンバリングカラーも黒から赤

エアジョーダン12 フルゲーム ヒール

ヒールのJORDAN刺繍も赤から白。
QUALITYの「Q」のフォントが違うなんてことも言われています。

エアジョーダン12 フルゲーム ヒール 

他にもまだあるのかな〜。

エアジョーダン12 フルゲーム ヒール

ただ、個人的に残念なのがアッパーのヌバック素材。踏まれると汚れは目立つは、擦れると硬化してヒビ割れするわで、長期使用には向いていない。
ここだけが残念。

エアジョーダン12 フルゲーム 硬化

実使用向きシューズ

競技用観点では、よくまとまったシューズです。剛性が高く、クッショニングも良い。さらに足首周りもガッチリホールドしてくれるので実使用向き。
反面普段履きでは、上記の事が裏目に出て非常に履きずらく、疲れやすいです。

サイジングに関しては比較的つま先にゆとりがあるため、選ぶ際はマイサイズでよいかと思います。

紐を結ばず、緩めに履くとスニーカーがすっぽ抜ける感じになり、それを止めようと足首に負担が掛かるため、紐は結んで履いた方が疲労は少ないです。

一足は持っておきたいスニーカー

街履き使用の私としては、問題だらけのスニーカーですが、デザインは大好きなので今後も入手する機会があれば是非手に入れたい一足です。

オリジナルが発売されてから19年。現代にも通用するスペックとデザインには頭が下がります。

エアジョーダン12 フルゲーム つま先

欲を言えば、もっと色々なカラーを展開してほしい。
ニックスファンではないですが、ニックスカラーなんて出たら即いきますよ!

以上、AIR JORDAN 12 FULL GAMEのご紹介でした。
また次回をお楽しみに~。

 - スニーカー, マイスニーカー ,